hottokenine プロジェクトへの参加決意。2月8日~1か月間、無料弁当配布

2月8日から1か月くらい、ほぼ毎日、困窮している家庭への無料弁当配布をすることを決めた。プロジェクトはhottokenineという組織。

https://hottokenine.jp/

このブログはそこに至る経緯と賛同してくれる企業や個人の方々を集めたいなーというメッセージです。文末に支援のお願いとして「飲食店の募集」「配達人募集」「お米や食材などの支援」を記載しました。よろしくお願いします。

緊急事態宣言からの休業に入ったokei。何とか売り上げを積み重ねようと頑張った前回の緊急事態宣言。もちろん沢山の勉強にもなったが、積み重ねられる手段を僕は見いだせなかったのが現実。廃棄するものばかりだったし、スタッフは疲弊した。

今回は大胆に休業を決めたのは、スタッフに多くのことも学んでもらえるチャンスだと思った。

実際多くのトライを各スタッフがしているのが毎日伝わってきている、

○日本酒、ビール、そしてワインの醸造を体験、見学、試飲。

○中華やお菓子の店でバイト

○出張料理人を体験

○埼玉のピッツェリアが伊勢丹で行い祭事にお手伝い

○たくさん本を読む

○エスプレッソマシンの使い方を改めてバリスタに習う

○料理教室にいく

○中学校の職業談講演

などなど。

僕は料理人ではないから、こういったことが何も教えられない。

だからいったん止まっている今でしかできないことを何でもやってもらいたい。

その中でボランティアというものも率先していくことを決めていた。

自分たちは正直、この状態だとお金としての利益は到底難しい。だからスキルとか経験を重視した1か月にしてる、そういう意味でこの人を救うということに関しても今が最適。自分たちが出来ることをやる。そのタイミングとして今があるかなと。

沢山調べた中でこのホットケナインというところと話が進んだ。

自分が片親ということもあると思うが彼らもまた、片親集団だった。

昨年は自殺者も増え、毎年増え続けている。困窮だけが原因ではないが、貧困というものが目に見え辛い日本。

こうして誰かが救っているということを調べれば調べるほどわかってくる。

それはなかなか表に出てこないところで、求めないと得られない情報。

その現実はかなり深い闇のように感じました。

とにかく、美味しいごはんを毎日届けるだけ。

そのコンセプトがとてもシンプルでわかりやすい。彼らが行動した結果、多くの資金が集まり、沢山のシングルマザー家庭が救われたのです。

今回は、寄り枠を広げ、シングルマザーだけではなく、色んな団体と連動し、困っている方々へしっかり届けるという枠へ。

正直、前に出てこない本当に困っているご家庭。コミュニケーションがうまく取れなくなってしまったり、ヒトとの関係をシャットダウンしてしまう場合もある。

また、困っている人―って聞いても出てこないんですよ、本当に。それだったら子ども食どいうで誰でもどうぞ―って言ったあげた方が来やすいみたいで、その中に困窮家庭もいるって感じで。100人に一人を探すためにやるって要素もある。

要するに効率とかはなかなか図れないモノなんですね。

なので、僕らもこれがいいとか悪いとかを考え過ぎず、1人でも救えるなら、支援を始めたいと思います。もちろん、何をやっても賛否はあるし、行き届かないこともある。

でもやらないよりは確実にいいから。

 

○配布対象:ご飯を食べるのに困っている家庭。

※各団体と連動し把握します

○期間:2月8日から1か月間、月曜日から土曜日。

○時間:16時から18時に各家庭へ配達。

○弁当:ご飯をベースとした夕ご飯弁当を日替わり。

※食材、包材はオケイ負担。配達料金はホットケナインが負担。

 

あ、大前提としてオケイも潰れるかもしれません。今は大赤字だし。

ただ、前も書いたような気がしますが自分の店だし、やりたいことをやるために独立しましたから。今やりたいのは、目先の売上を上げることではなくて、今のメンバーで出来る豊かさ向上と支援。

支援というコトバはとても温かいです。

キモチがありますね。僕らは15年間、ずっと支援してもらってきました。

お店はもちろん、お金も借りました。悩みも聞いてもらいました。何より、僕が気づいていないけど、僕のために動いてくれた人も沢山いるはず。

お礼も言えてない人も無数にいるでしょう。だから支援したいのです。

精華小学校の校訓

「人のお世話にならぬよう 人のお世話の出来るよう」を僕はこう解釈しています。

「人のお世話にならないことは絶対ないので、せめて人のお世話をしよう」と。

オケイの社訓です。

僕が動くことで誰かが動いてくれるかもしれない。

そこで少しお願いがあります。

① お弁当配達人

月曜日から土曜日の16時から18時の間、お弁当配達ができる方がいればご連絡ください。謝礼は少し出るそうですがキモチ的にはボラんディアの気持ちで。曜日は指定できるかもしれません。

② 食材の支援

全くのボランティアなので食材支援は嬉しいです。お米や野菜、冷凍食材でも。

※突然送られてきても入れる場所など困っちゃうので、以下のメールまでご連絡頂けばと思います。

③ 飲食店の方々へ

同じように参戦してくれる飲食店を募集しています。食に関わる僕らが立ち上がる意味はあると思うので宜しければご連絡ください。

③ クラファンなども考えましたが、まだ金銭をご支援頂くことは考えていません。今後、話が大きくなってくれば考えたいとは思いますが。

僕らが長く支援を続けられるように同じ気持ちの方々がいれば、是非ご連絡をください。

諸々ご連絡先は

okeinokimochi@gmail.com

です。

よろしくお願いします。

f:id:pizzeria-okei:20210119122210p:plain

「hottokenine プロジェクトへの参加決意。2月8日~1か月間、無料弁当配布」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA