カウンターで大人になった。

ふと泣いてしまうこの時期。

色んな気持ちがあって、ぽろっとくる。

お店をやるっていうことはとどのつまり、忍耐の時間が長い。

14年間はそれの連続だった。

ただ、その忍耐により、沢山の幸せを感じることができる。

それが続けるということだと思う。

14周年partyを開催するのが12月7日。

4つのお店を経営しながらやるのは初めてだし、1つのお店がなくなってしまう最後のパーティということでとてもドキドキする。

おけい屋というお店に自分は担当としている。

離れている場所ではないのだが、常に違う場所にいるのでどうしても

色んなことが出来ていない。

それでも日は迫ってくる。

あの場所で行うパーティをいかにしてスタートしてきたか。

14年間で多くのことがあり。出会い。別れ。

そこにはドラマや歴史がある。

僕にとってそういう場所だ。

僕はokeiでカウンターを大切に考えている。

テーブルがあると嬉しいが、カウンターがないと困る。

スタッフと話すカウンター

親密な方と交わす会話なカウンター

親密になりたいカウンター

いきなり知り合いカウンター。

ワクワクするカウンター

 

 

OKEIはカウンターで大人になった。

 

今自分がいるのはカウンターのおかげだ。

愛情いっぱいに過ごせるカウンターを見直そう。

皆がそうやって過ごせるカウンターを考え直そう。

 

14年間はカウンターがそこにあった。

それが全てかもしれない。

 

 

「カウンターで大人になった。」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA