祖父母の心

94歳のおばあちゃんに会いに仙台へ行ってきた。

結婚式に来てくれたけど、なかなか行けず、3年半くらいはあえてなかった。

その間に大腿骨を骨折したり、どうしても体も心も弱くなっていたように感じた。

もちろん、94年間、大正時代から生きている人。

今でも僕のことを覚えてくれていたことも嬉しかったし、

嬉しそうにしてくれたことだけでも心が温まる。

戦争もそうだし、色んなことを経験している人だから

一つひとつのコトバや行動が重みがあり、温かみだけではない、強さも感じる。

反面。どんなひとでも、老衰はしていく。

孫というか家族というか、として、生きている間に愛情を注ぐこと。

これが最低限の心。

示さなきゃダメなことだなと心から思った。

離れているけど、いつも考えているから!とかじゃダメで、行かなきゃ。

そして、自分も精一杯生きなきゃ。やりたいことができるならやらなきゃ!と

改めて思った。

1日1日を無駄に生きないようにしなきゃ。

無理してっていうのも違うだろうけど、楽しく生きるために努力はしなきゃなと。

面談をしていて、スタッフの気持ちがまた分かったり、

皆大人だから、セーブしてくれてる気持ちも嬉しかったり。

おばあちゃんの体がやせていたり、ご飯があれだけ食べれて踊りまくっていたのに車いすだったり。

自分が幸せに生きることを約束しなきゃだめだと思った。

おじいちゃんが亡くなったのが94歳。

まだ50年ある。僕の人生。

「祖父母の心」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA