小さなことからでも。

自分の40歳代、そして50歳以上の自分。

想像してみるとどうなっているんだろうなーとか考えてしまう時もある。

何かしなきゃ。

そんな見えない焦りが来たり。

ふと見ると、20歳や27歳や30歳代。
スタッフたちは僕よりも年下が多い。

スタッフも同じように

オケイさんの年齢で私は僕はどうしているんだろう?

そう思う時もあるんだろうな^-って。

そう考えると、やっぱり上に立つ者としてオケイというお店を始めたものとして
責任ある未来像を考えていかなきゃと思っている。

もちろん、ないわけじゃない。
ただ、この数か月は違ったことで先よりも今しか見ていなかったから。

僕は今、トラットリアokeiというお店に常駐し、1階のTerzookeiには顔を出す程度。
フロア担当としてサービスをしていると、経営者ということを忘れて
楽しく過ごす時間が多い。

改めてこの仕事を自分が選んだことを間違いじゃなかったと思える。
同時に今いるスタッフやお客様という垣根を越えて、
自分に関わった人がどれだけ幸せになるか。
そればかりを考えてきた協同広告時代と変わらず、同じように今もそうしていきたいという夢がある。

仕事というとしっくりこないのが自分の悪い所。
生きているということなんだけどね

やはり好きなことをもっともっとチャレンジしていこうと思う。
いつもシフトを作っている時、毎月のコピペをすれば済むのに
どうしても、もっとよいシフトがあるんじゃないか?と時間がかかってしまう。

その模索で今月はいつもより少ない勤務へ光が見えた。
そんな小さなチャレンジのようで自分としては大きな飛躍のシフト。
テーブル配置やライトの具合。
全部が僕にとって大きなチャレンジ。

日々それが出来ていく事が生きているということか。

生きるのをやめずに
怖がらず。

生きていこう。

「小さなことからでも。」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA