NAKATAの言葉と現okeiスタッフの絆

8人で1店舗。

2フロアを休業し、1フロアのみで営業している現在は人が多い。

それでもそれぞれがそれぞれを気にして声をかける姿。
自分だけが悶々としているわけではなく、片寄さんも全スタッフが抜け出せない今を
何とかしたいと思っている気持ちは一緒だと思ってくれているはすである。

自分自身は大好きなお店にずっといることができない寂しさと
今しかできない考え事やこれからの事。
自分のやりたいことよりやるべきことを選んで少しずつ進んでいる。

昨日、okei創業者であり、トラットリアNAKATAの中田が奥さんと寄ってくれた。
心配してきてくれた。

今年の元旦にこのブログで書くまでは家族にも伝えてなかったこと。
それは年末で退社する者への配慮と現スタッフたちへの愛情でした。

当然卒業生にも伝えていませんでした。
直接連絡くれた人たちには会って話をしています。

中田も又聞ですっ飛んできた感じでした。

閉められた2階で3人で話をして。
彼と過ごした2階で話をしました。

彼は話が終わった時、こんなことを言いました。

【僕がここに来ますよ。NAKATA休業して。だから早く再開しましょう。】

もちろん、結果はそんなことにはなりません。
ただ、奥さんにも断りもせず、本気でそう言いました。

今のスタッフが、卒業生や自分たち。okeiのルーツであるこの2階を再開したいと
思ってくれたこと。
片寄が今までしてきたことが間違ったいないということを示したい気持ち。
そして、ただただ、理由なんかなくて、何かしたいやさしさの塊。

そんなことを伝えてくれた。

僕がお願いしたら、確実にそうなったであろう温度だった。
もちろん、そんなことは出来ない。

でも、生きている意味はあった。
世界中の人には愛されないけど
限られた人には想ってもらえるお店であり、人でありたいという目標は
掲げてもいいんだという安ど。

多くの卒業生が手紙や言葉をくれる。

頑張らないでくださいとか。
自分のために、もっとお店やってくださいとか。
全部捨ててでもokeiに戻りますってやつとか。

現スタッフはそんな気持ちがわかっていると思う。

だから具体的に卒業生の名前を出して、ルーツを残そうという人もいたり。
慣れない仕事でも頑張ってやります!と言ったり。
この混沌とした状況の初期段階で
片寄さんを支えていきますっていう言葉をみんなの前で伝えてくれたり。

1月で退社するもの達も、ある意味巻き込まれた2名なので
辞めるまでをしっかり過ごそうとする姿勢。

多くのそれぞれの気持ちが重なり合った今の空間。
忘れないでいたいと思う。

自分がいくつになってもこの空気。
肌で感じるこの感じ。

忘れてはいけない。

「NAKATAの言葉と現okeiスタッフの絆」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA