新しい形へ

今は止まっているようで動いている。

勝どきでは新しく入ってくれた酒井さんがいろんな角度で
ishimaruを見て、前向きにトライしてくれている。

Terzoでは、人員過多にはなっているが、それぞれが
新しいオケイを楽しみに、今を少しでも楽しく過ごそうと気を使いながら
毎日を過ごしてくれている。

僕はその行き来をしながら、これからを考える時間をもらっている。

そして何よりも、多くのお客様が顔を見に来てくれる。
心配になり、毎日毎日昔からの常連さんと働いていたスタッフが来てくれる。

それらが久しぶりーと同じ席に座り近況報告をする。

こんなことになってだが、これがあまりに美しい光景だと
改めて感じている。

そして僕はそれに甘えず、事務所に戻り、知恵を絞る。

皆のやりたいこともある。
でもそれだけじゃなく、この会社の方向性を見出す。

その時間。

何かを得て、何かを失ってきた。

今得られるもの。
それはスタッフの熱すぎる温度。

12年目、この温度をお客様にしっかりと届けたい。

2階3階のビストロokeiはそのままの形では継続できない。
料理人は総上がりしてしまった。

新しい料理人を探す気にはならなかった。
今いる仲間を中心にやりたいから。

1階とは違うイタリアンの形を模索している。

必ずいい形で届けたい、少しお待ちください。

「新しい形へ」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA