逃げたことは何度でもある。でも戦ったこともある。

失わなければ、何も生まれない。

スティーヴジョブズが言っていた。
彼が亡くなり、彼の本が本屋に溢れた時、3冊くらいだけど駆け足で読んで
最後まで残っている言葉。

いつも、本を読んだり目を通したりすると一言だけ頭に残る。
いや、全部を吸収しようとするのではなく、一つだけでいいから自分自身にするくらい吸収しようと思っているのかもしれない。

これは人と話したり、スタッフと話したりするときもそう。
スタッフであれば、それが言葉ではなくて、行動やしぐさ。
そんなものにもなる。

幸せであれ、ちょっと辛い日であれ、毎日はやってきて終わる。
その中に人に歴史ありだし、それぞれがそれぞれの全てをする術はない。

今日、勝どきにishimaruというお店がグランドオープン。
新しい場所で、新しい価格帯でのopenであり、
新橋のokeiというお店の力が行き届かない、孤島。

改めて初めてお店を出すという気持だけじゃなくて、環境。

石丸がこうした取り組みをして失うものもある。
環境が変わり、楽しいこともあるが、きつい事の方がはるかに多い。
夢が叶いながらも、失うことが多いのだ。
でもそれを選ぶ形もある。

オケイという会社、お店の中で躍動する形を作りに行くのだ。

同時に僕も同じ。
一気にいろんなものが動くことで時間も無くなり、
身動きが取れなくなる自分を横目に、
楽しそうに邁進しようとする自分が見える。

新橋ではそれにより、ある種の自覚が生まれる人々、不安に思う人、気にしない人。
人それぞれではあるが、okeyという会社が失いながら得てきたものが浮き彫りになる。

悪くなることもある。
でもそれがないと、よくもならない。

カズヤ桑田さんや多くの僕に影響を与え続ける人。
昨日得点した原口元気もしかり、失って傷ついて前に進める人になりたい。

今がそうであるならば、笑顔で立ち向かう準備をしてきたつもりだ。
10周年は捨てた。

1周年を迎える自分になろう。

逃げない。

「逃げたことは何度でもある。でも戦ったこともある。」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA