人生背負うほどに強くなれる気がする

後先考えずにやること。

今まさにそんな感じです・

久々かもなー何となく計算しちゃってやることも増えたり、
嫌そうしなくてはいけないことも増えたりという言い方が正しいかもしれない。

直感で進んできた時と、ちょっと待てよって考えられるようになった時代。
そこまでとまた今とは違って、ある程度ケーススタディがあると、
そのレールに乗ったりする。

それは実績とも言えて、割ることでは当然ないし、自分で引いているレールを
しっかりと確かめながら進むことはとても理想的なことでもある。

ただ、時にそのレールがあるから行けない、立ち入れないところがある。

数年に一度それを壊すときがある。

全てを辞めてしまうというか、やり直すというか。

2年以上前に pizzeria bar okeiというものを失くしてしまったのもそれかもしれない。
そこがなければ今はないのにそれを捨ててしまう。

形としては残らなくても、常に胸にあるぜって感じでいいかなーと。

今、ishimaruという全く新しいことにチャレンジしている。
自分の店なのにそうでない感覚。

将に親なのかもしれない。

「この子の人生だから。好きなことやらしてあげたいんです」

そんな絵にかいたようないい親を理想としているのかもしれない。

実際には子供のお金はある程度親が払い続けていくだろうに、
その子の人生と言い切れる。

そのスタートラインに立った。

石丸がishimaruというお店をやりたかったかどうかはわからない。
僕が決めたから、名前。

最初は嫌だって言ってたけど。

彼の人生の中にこのお店があること。

そしてそれが夢に近くあること。

それが彼の求めるものならば、協力して行きたいという気持。

後先考えてない。
ただ、今自分が想像できるいいお店。
それを具現化したいという思い。

明日、プレオープン。
12日のグランドオープンまで、色々と気持ちはなびくけど

温かい、良い空間を目指して邁進です。

「人生背負うほどに強くなれる気がする」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA