僕の日常にスタッフの幸せがあれば、どれだけ幸せだろうか。

まさか自分が独立して、自分の名前以外のお店を名乗ることになるとは思わなかった。

明後日。
ishimaruが産声を上げる。
ちょうどその日、友人が本当に子供が生まれる予定。
楽しみな日。

ishimaruというお店は僕の新しい夢だ。

人の名前を僕が名乗る。
名刺はどうなるのか、ishimaruの片寄ですというのか。
すごいなー。

多くの成功と失敗を重ねてきた偉大な経営者の言葉をまとめた本に

自分の夢を叶えるのは簡単
人の夢をかなえてあげるのが難しい。
それを叶えてこそ、男だ。

そんなことが書いてあった。

ちょうど2年目くらいの時だったので、一人の独立者を送り出し、
その言葉の意味を理解していなかった。

そして11年。
こうして10名ほどの独立者を送り出しその苦悩や難しさを痛感する。

そして、今回。
独立という形ではなく、自分のお店であり、多くの責任をあるスタッフに任せるお店を
初めて作ることになった。

はっきり言えることは、儲けなんて全く考えていないことを断言する。
人の夢を叶えたい。
それだけだ。

そして飲食業というものが独立という夢を追えない環境の人がいることを理解し始めたから。
結婚子供、家族環境であきらめなければならないことがある。
それでも彼らが笑顔で楽しく、邁進できれば、多くの人々が愛情に包まれた世界に
魅了され、幸せになるのかもしれない。
そんな気持ち。

大赤字では潰れてしまう。
でももしかしたらちょっとした赤字なら大成功かもしれない。
そう思う。

続けていける赤字ならね。

あ、もちろん目標は毎日満席。
それが目標。

ただ、規模ややりたい内容、それがかなりはっきりしているので、
もしかしたら満席でも赤字かもしれない。
そう思っているのです。

でもそれならとっても幸せな気持ちでいられる。
それは今でもオケイでは変わらない心。

赤字の時もあるし、自分の給与が出ないことなんてザラ。
皆が大社長と言ってはやし立ててくれるけど、全然そんなことない。
給与という意味では。

でも、僕は株式会社okeyの社長であり、大社長!
とっても幸せに毎日寝る間も惜しんで、家族も巻き添えにして
日々お店のことばかり考えている。

でもそれがある人が飲みに行くことと。サッカーすることと、大して変わらない、楽しさ。

そしてその中から一緒に夢を追う人が現れ、幸せを見つける人がいて、
それらを支えたり、共に歩もうとするものが現れ。
泣いて笑って。

またそんなお店が勝どきで出来たらいいなと思う。

ishimaruが石丸の手で成長し、もしかしたらあのエリアでishimaruってお店が増えるかもしれない。

そこまでいけば、ishimaruを石丸にあげてもいいと思っている。

「僕の日常にスタッフの幸せがあれば、どれだけ幸せだろうか。」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA