昔言われた言葉は、今も鮮明に心にとどまっている

年齢を重ねると、それぞれの人生がある。

僕にもあるし、隣でまさに今、お店のデザインをぶつぶつ言いながらしている同級生にもある。
同級生である、Iくんは神大建築学科。

建築デザイナーとして独立してもう15年くらいじゃないかな

とても優秀な・・・と褒めることは出来ないが、僕にとっては良いパートナーであることは間違いない。
友人同士だと仕事はしづらい。

そんなイメージも今でもあるが、割とIとはない感じ。
思いっきり僕がクライアントとして苦情を言うこともあるし、喜ぶこともある。

特にともに飲んだり遊んだり今沢山するわけじゃないが、
あ・うん なんて言うほどでもないけどね。

そこに、互いの人生経験が重なり合い、尊重しあうことや
尊敬しあうこと、時には嫌いになれる事。

悪くないと思う

独立している、経営者としての立場にいる人というのが
周りにいることは刺激になる。

自分の場合は、独立をしていくスタッフがいるため、それが絶えない。
そして、友人や先輩にもたくさんいる。

同時に企業で働いている仲間もたくさんいる。
中小から大手。

経営者であれ、企業マンであれ、仕事にまい進している人たちが
仲間にいる事や、お客様としていることがどれだけ自分の肥やしになるか。

幸せなことばかりじゃないのが仕事。
そして独立。

企業マンでも嫌なことが多いだろう。

それでもそこに幸せを見つける能力を身に着ける義務はある。
その能力をいかに植え付けてあげるか、
自分がより身に着けるか。

また歳を重ねて厚みを増していけるといいなと思う。

「昔言われた言葉は、今も鮮明に心にとどまっている」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA