完璧でない自分に負けないように戦う自分。

10年修業して、やっと独立。
この世界でどっぷり嫌なこといいこと経験して、やっと自分の城を持つ。

そういう意識とは真逆でお店を構えた。
出来る最小限というか、まずは行動して先々に何が待ち受けているか
全く考えずに独立をした。

経験を生かして、お店で表現する。
そんなスタイルは一切なく、経験しながら、その時にできる限りを尽くす。
そういった方がしっくりくる。

このやり方は、お勧めできない。
自分が今までやってきて、やはり人が今までしてきた苦労をしてない分、
その都度その苦労が「平等に」やってくる。

わからないからできることもあるが、それを上回る出来事が日々起こる。

反面、出来ないことが、シンプルな経営になったり
人を尊敬出来たり、敬えたり。
自分がオーナーであること以上に自分に関わってくれることへの感謝が強くなる。

ぎりぎりやれてる11年だろう。

今も新しいチャレンジをしているがそううまくはいかない。

あまり感じない ストレス というものが降りてきているような気もする。

それでも日々はやってくるし、待ち受けるものも変わらない。
そこを乗り越えたくて、乗り越えたくて、邁進する。

今できてない事が明日出来るようになるかもしれない。

先日、カズがサッカーがうまくなりたいと言っていた。

またカズか、そう僕には彼の言葉が常にしっくりくる。

ただ、お店を持ちたかった。
今それがあるじゃないか。

まず、その気持ちを丁寧に自分に言い聞かせる。
もちろん、常に楽しくやろうとしているし、できていることもある。
ただ、チャレンジにはこのいい意味の悩みや刺激はつきものなのだ。

それを今一度はっきり言葉や行動にして生きよう。

このブログをまた書き始めて、良かった。
書き始めるまで何を書くか決めていないのはいつものこと。

結婚式の挨拶でもなんでもそうだ。

それがやり方。

だから、自分の言葉になるし
本当に今の自分を書ける。

これを書かなかった数か月。
やっぱり書くことを決めて、見てくれる人に向けて書いていたような
囲われた文章だった。

今は普通にただの独り言を重ねる。
それでいい。

「完璧でない自分に負けないように戦う自分。」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA