父との小旅行

父と仙台の片寄家墓に行ってきた。
簡単に言えば、墓の引継ぎ準備。

幼年期や思春期、父と母が離婚していたこともあり、あまり墓というものを
ゆっくり感じる機会を失っていた。

行ったことはあったがあまり記憶になかった。

嫁が近くに墓があったりして、よく行っているのをみて
近くに合った方がいいし、そういう家族になりたいなーって思っていた。

仙台への道は、他愛もない話をした。
ただ、父と新幹線に二人で乗るということが記憶にない、初めてだったと思う。

男二人で行く小旅行のような感じ。

共に墓を掃除して、仙台で寿司を食べて帰ってきた。
話は尽きなかったが、こうして父をゆっくり話す機会ができたことが良かった。

そう思うと、墓が日常的にありいく事も素晴らしいし、
遠くにあることで、親子がそこへ向かう時間、しっかりと話をすることが
出来るという意味でも仙台もありだった。

ご飯を食べながら、父が

俺は離婚したり、人生が山あり谷ありいろいろあったが
お前たち二人の子供がいてくれて、本当に幸せだよ

と言った。

考え深い。

僕が彼を幸せにしたんじゃなく、
僕が彼に憧れ生きてきて、
やっと少し対等で話をしてくれるようになって、
共に過ごす時間があることを
特別に幸せだと思っている。

そういうことなんだけどね。

結婚式の写真を見せながらの新幹線は
声をあげてうれしそうに写真を見てくれて
改めて、結婚式をやったこと。
それを幸せに思った。

「父との小旅行」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA