迷ったりしてもいい

朝9時前に起きて、朝食。
9時半までには家を出て、ピッツァ窯の火入れが始まり、Lunchの準備。
Lunchの営業は出ないで社長仕事や打ち合わせ。

DINNER営業が始まり、2時ころだいたい終わる。

昔は5時までやっていたが縮小して今に至る。

本当は夜中はやりたいが、スタッフの体調や今後のお店の在り方を考えると
営業としてやっていくには無理があると思った。

反面、知り合いがいたり、話が止まらなかったりしたら
一緒に飲みながら朝まで飲んだりする。

その辺りは、自分の楽しみというか、このお店で自分が生きている証だったりもするので
これからも緩めにやれる時間はほしいなと。

okeiというお店がどんどん変化していくのに自分がついていくのがやっとの時もある。
今はその中間位。

10周年が終わり、燃え尽きたりしてね

そして石丸という人間のお店ができていったり、新しい人が入ったりして少し活気が戻ってきている。

そんな中で名古屋から求人を見た女の子から連絡があった。
名古屋なので電話面接したりして、会ってみようということになり、上京してもらった。
ピッツァを少しアルバイトでやっていて、3月に学校を卒業見込み。
okeiという会社では新卒というものに、社会人生活未経験という人と何人かトライしたが、
人それぞれしっかりと見ていかないといけないので、緊張するものだ。

何度か話し合って来年4月には入社するという内定を出した。

彼女がなぜokeiを選んだのか。
それは10周年記念サイトを見たからだった。」

http://www.bar-okei.com/#!10th-aniv-fes/cffd

このサイトを見て、彼女はOKEIで働きたいと思ったという。
考え深い。

人の心をわしづかみにする経営。
そんなことをしていきたい自分なんだが、当然規模が変わっていくと
自分が対応できてなくて、イマイチだったりする。
それでも前に進んだり倒れたりしながら・・・。
10周年に関しては多くの想いが溢れ、それを音や形にしたいと思って
多くの方々に協力してもらって成り立った。

それが今、新しい形になって人の心を動かしている。

スタッフ不足と言われる飲食業。
飲食業という業態への魅力も薄れたり、それでいっか。。。みたいな形で入る方もいたり。
だから、よくどういう面接をしているんですかとか
求人誌の方から取材があったり、同業から質問があったり。
全く違う業種の人事の方から相談があったり。
よくわからないが雑談を求められている最近。

長いので全ては書けないけど、大前提として
面接は1度で済むことは少ないかもしれない。
代理店に入るときに4次面接くらいまであったことを考えると
その半分くらいだから普通だけど。

あとは面接はどちらかというと、僕や会社のことをわかってもらいたい時間。
あちらのことを聞くよりも僕が話していることが多いかもしれない。

こちらが面接されている気持ちでいる。

特別なことをしているつもりはない。

でも時間は割いているつもりです。
対話して、時にはお父様やお母様にお手紙を書いて、
時には、家までお邪魔して。
時には、okeiではだめだけど、っていって一緒に就職を探したり、
道標を示してあげたり。

だから面接に来たけど、今はお客さんとか、後輩みたいな扱いになっている人もいる。

昨日からだがこうしてこのブログをまた再開したからには
あまり周りを気にせず、書きたいことをこうして書いていくつもりです。

「迷ったりしてもいい」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA