経営

経営者という仕事を選んで今の自分がある。

人に給与を支払うという立場になって10年以上が経った。
失うお金というイメージが感謝というものだと知ったのが一番最初現金で支給した瞬間だった。

それからの10年、多くの悩みを経験し、今に至る。
それはプライベートも影響していく。

経営者という仕事は最初はしていなかった。
やはり3年目以降くらいから自分の意識も大きく変わっていったように思う。

会社というものがスタッフを覆う温かいタオルケットになりたい。
そんなイメージかもしれない。

全てが気持ちが伝えられる規則であること。
そしてそれが皆に少しずつでもいいから伝わること。

お客様を通して僕の気持ちをわかる場合もあるだろう。

新しく入った社員が卒業したスタッフから学ぶこともあるかもしれない。
その今では当たり前の構図をどうやって作っていくかをずっと考えていた。

昔の家族が地域という概念でも団結していたように
社会が生み出す家族というものの大切さは体感してきた。

だからokeiでは当たり前にやることが実はとても社会では大切なことだったり
特別なことだったりする。
そんな普通で暖かい空間を作りたいと思っている。

それができた時期とできなかった時期もある。
今でもある。

ただそこにを目指しているんだということは曲げたくない。

経営者という仕事が何なのか。
まだまだわからないけど、
経営者という仕事を選んで考えて悩んで幸せになって苦しんで。
それでも決断をして吐き出して。
それによりできた今の人格形成は自分自身だと思う。

間違えていても、決断して間違えてきたことは
経営だと思う。
誰のせいでもなく自分だから。

まだ経営をしたい。

「経営」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA