全く新しい1年

また1年目が始まった感覚。

10年が過ぎ、11年目になり、何やらそわそわ不安ばかりが募る。
1年目の自分に戻っている。

あーこういう感覚だったなーと。

新しいチャレンジをする自分がいるのだが、それも何やら不安や期待、そんなものに
押しつぶされないようにする自分。

10年というのはそういうことだったんだなーと感じている。

今までの実績でやっていけるのは10年まで。
11年目からはその実績だけでは生きていけない。

今の新橋1丁目でどれだけ光り輝いていられるか。

1名のお客様が満足してもらえるはどんなサービスなのか。
幸せな空間とは。

1年目の自分がやってきたことを思い出しながら
今の自分ができること以上をやるのが1年目、

言い訳をせず、無理は承知。
1日1日をしっかりと前向きに過ごすこと。

そこには試練や挫折がある。
思い出したくないことを思い出す必要もある。

幸せなことだ。
この1年は新たな10年の始まり。
地に足をつけて。

「全く新しい1年」への 1 件のコメント

  1. 2016年始まりましたね。
    お互い40歳になり、また新たなスタート。
    いつも応援しています。
    いつの日か再会を願って。
    遠い海の向こうより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA