okei 10th 3

決して大きなイベントにすることが目的ではなかった。
ただただ、1フロアで行いたかった。
7年目以降3フロアに200名のお客様がくるイベントだった。
お客様もあっただろうが、一番はスタッフ。
スタッフがセパレイトしてしまい、会の進行も違うフロアにいればわからなくなってしまう。

そもそもそれでこのパーティの意味があったのかどうかをとても不安だった。
だから10thは必ず1フロアと決めていた。

今回それが達成できたことで新しいokeiというものが見えてきた。

小さなお店をやりたかった。
それしかやる意味がなかった。
だって自分のお店のことを自分が把握できないから。
お客様との距離感が遠いから。

今でも変わらない。
店舗が増えても空間は小さくありたい。

ただ、この2年間。
今のスタッフたちと共に、いろんな絆を深めてきた。
それは計り知れない時間というのかどうかは不明。
ただ、無限ではない時間をどう過ごしてきたかということ。
家族も巻き込んだだろう。
でもそれでもこうして結果が見えてくると何かが変わる。

あの10thの空間をデザインしたのは自分。
ただそれを色を変え形を変え、その瞬間瞬間で様々な決断をして
実行し、目の前のお客様を幸せにしたのはスタッフたち。

僕はそれを仕切った人。

お店は小さいからハートフルなんじゃないんだ。
人が介在する。

その人の想いや、連携を見る事。
お客様の多くは大人である。

その人たちがどんな思いでやっているか
それは見ていればわかるんだと思う。

あそこで新旧のスタッフが入り混じるフォトを見た時に
自分の考えた、夢のような空間が実現できたことに
心から誇りを想っていた。

「okei 10th 3」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA