アイアイという名のもとに

明日、okei卒業生である 竹中愛 通称アイアイの結婚式に御呼ばれしている。

その前日ということで彼女のことを書きたいと思う。

僕は彼女が退社するときに伝えた言葉。

それは至ってシンプルであり、愛情を込めたもの。

「アイアイはokeiそのものだ」

そう伝えた。

いろんなことを思い出すと彼女と一緒に働けたことを幸せだと感じざるを得ない。

今でこそokeiというお店は10名以上のスタッフがいるが、当時は2名から4名、5名程度。
2階のフロアしかなく、着替えるのも経理作業もすべてが2階で行われていた。
当然、フロア担当は僕とアイアイ。
彼女は毎日毎日、僕の下であーだこーだ言われ、泣いていた。

今はすべてのフロアを行ったり来たりするのが自分の仕事なので
べったり1人に対してフォローしたり管理することはできない。
そういう意味では、シンプルではあるが、社長とずっと一緒に居て
僕が夜中中作業するときはずっと付き合って勉強させられる立場。

大変だったと思う。

でも、その結果、こうしてまだ師弟関係は継続し、同志の気持ちも強く、
僕からすれば、子供のようで。

彼女によってもたらされたこと。
それは働く人の立場の向上。雇用状況の改善。
それは彼女が来たから行われたテコ入れだった。
それからokeiとしてどのように働いてもらうのかが僕の悩みの一つになり、
少しずつ改善されていると思う

彼女が東京に来て彼女も幸せになったが
僕らやお客様も幸せにしてもらった。

愛情は尽きない。
時折、わがままなこともご愛嬌。

アイアイ。おめでとう。
幸せを祈ります。

「アイアイという名のもとに」への 2 件のコメント

  1. 先日、Facebookでアイアイの結婚式の写真を拝見しました。幸せそうな彼女の姿が見られてとても嬉しかったです!

  2. わざわざありがとうございます。幸せですよ。仲間に愛され。僕も幸せになりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA