悲しみ

人生でこんなに近い人が亡くなってしまったのは2度目。
あ、祖父はぬかして。

以前勤務していた時からの大先輩であり、仲間である方。

悲しいを通り越していた。
なぜ?とか、現実から離れたいという意識が強い

人は必ず死んでしまうのだろうが、いやだから尊い命であるのだろうが
あまりに若く、あまりに残念。

僕はその先輩にTシャツのたたみ方を教えてもらった。
それはいつ?というと、
その同期の人の結婚式と2次会の間だったように思う。

僕の部屋に来て洗濯をしたりたたんだりしてくれた。

それだけでなく、いつもいつも多くの言葉を僕にくれた心の優しい方。

僕は大好きな先輩だった。

感謝をもっとしておけばよかった。
いろんな後悔がある。

やはりこれからはもっともっと明日野郎は馬鹿野郎で生きたい。

先輩は僕にそれをもっともっと教えてくれた。
ありがとうと言いたい。

そして、その旦那さんとめぐり合わせてくれた。
それに感謝したい。

彼とは一生仲間であり、同志である。

「悲しみ」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA