中田初出社の日

今日はokeiというお店に初めて中田が出勤した日。
昼くらいだったか
バイクで来た。

それまでは神大仲間が掃除や買い物をしてくれていた。
12月5日からokeiというお店が出来始めたのだ。

この日。必ず僕は彼に会う

okeiにいた時は仕事終わりにありがとうっていって握手した。
今もそれは変わらない

昼間に行って握手してもらい帰ってきた。

僕にとって彼が大きな存在であるのは間違いない。
ただ、そこにこだわっているわけではない。

何が大きいかというと、今がなければ、今のみんなとの関係や仕事、
お店の成長が無ければ、今日のことを感謝したり、考えたり、行動したりすることが
ないと思うし、あってもそれはネガティブに残っていることだろう

今があるから、過去を感謝したり、敬えたりする。

中田への感謝は、今いるスタッフへの感謝なのだ。

僕がはじめられたことへの感謝は中田へそそがれ、
継続してきたことへの感謝は、全てに注がれ、
今のokeiの日常への感謝は、現状のスタッフに注がれる。

注がれる愛情の種類はどれも変わらない。

その流れの始まりが、中田だった。

毎年のこの日をこうして過ごせることを嬉しく思う。

「中田初出社の日」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA