ふと

今日はたくさんの人がしげのために来てくれていた。
ああいうのを見ると、自分の中でもやもやしているものを少し払拭してくれる。

そういう場所を提供することも、作ることも、継続することも
大変なことだし、投資が必要なこと。

投資はお金もそうだし、時間、人、気持ち、いろんな意味の投資。

損得をいろんな人が考えれば当然、無駄も出てくる。
でもそれがしたいならしょうがない。

僕はそうなんだろう。

これが投資の結果。
目の前だけを見るとぶれるものを
しげのおかげで少し見失わないで済む。

僕にとってしげの存在は大きかった。
彼女がいたことでどれだけこの店が救われたかならない。
だから、僕は全身で彼女を怒ったこともあるし、導いたこともある。
分かり合えていける人になりあえたんじゃないかな。

僕は何度か、彼女を社員になるよう頼んだことがある。

でも彼女は首を縦に振らなかった。
この夢があったから。

いつでも、夢追い人の通過点にいることを
応援していたい。

それが誰かのためにならないことがあるとしたらどうするか。
んー悩むところだ。

何かが犠牲になることは確か。

自分の経験での犠牲と幸せのバランスを伝えていきたいと思う

そのせめぎあいがとてつもなく幸せで少しリスキーなんだ。

「ふと」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA