桑田さんからokei

桑田さんライブに行ってきた
いやー声が出ていた。
それが一番だった。
かれが生きていること、そして病魔と闘いながら
自分の事だけでなく、その自分を見て勇気づけられるであろう人たちへの言葉を
彼なりに選びながらお話している姿に感銘を受けた

お店をやって、ワインを注いでピッツァを出す。
この行為だけなら、とどのつまり誰でも行きつくところ。

でも続いていくお店やマインドが伝わるお店というのは
そこにやはり出しての姿があるだろう

楽しいのかどうか。
何が目的でそこにいるのか。

そもそも入りやすい業界である。
とりあえずバイトしている人はたくさんいるし、出来る。

お客様はほとんどがそういう接客を受けているのだ
だから、一生懸命に誰かのためにやっている人にはすぐに目が行く。

桑田さんもそんな気持ちなんじゃないかな

とりあえずアーティストと呼べる人はたくさんいる
でも続けられるには意味があり、体がある。
命がある。

ビートルズは続いてないけど、ローリングストーンズは続いている

そんなことか。

これからのお店について、ゆっくりここに書きながら整理して
好いお店にしたい

もう少し時間を下さい

「桑田さんからokei」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA