ふー

僕の給料について書いてみよう

オープン当初、このお店は個人店だった。
2年間はその体制で、その後会社になったのだ。

その頃は売上からすべての経費を引いたものが自分の給与として税務計上されていた。
1店舗で1000万円以上だった。
ただ、そのすべては友人先輩から借りたお金返済へ行き、
次の年の所得税を払うのが大変だった。

それから給与をもらうようになり、年収600万円から1000万円を行き来している。

お金がなければ会社に入れる時もあるし、まー僕の給与はあってないようなもので、
銀行にスタンバイしてある状態。

法人税と所得税を計算しつつ、税理士が相応の給与を決めている。

僕にとってこの給与はあくまで経費であり、使いたいものではない。
ほとんどがお店のものとして蓄えたり、卒業していくスタッフへの支援の
一つとして活用されたりしている

だから個人として貯金が残ったわけじゃないんだけど、
僕の目標というのはそこじゃないから。

あくまで僕の夢を見失っていない
ただただ、自分のお店を持ちたかった。
お店を増やすことも大きな目標じゃない。

ただ、2つになったり、増えたりすると、幸せな空間が増える。
そこで雇用をうめることはいいことだと思う
自分が幸せにできるお客様とスタッフ。

そこは大きな目標だから。

売り上げを求めるんじゃなくて、ただただそこにいたいことを求める
そこが変化してもあり続けることを望んでいる

「ふー」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA