改装について補足

改装と書くと沢山の反響があります。
応援しています、寂しい、エッと。

昨日の日記にもお客様から寂しい気持ちだとコメントいただきました。
そりゃそうですね。

色々考えてもっとちゃんと書くべきでした。

改装と言っても全然変わってしまうわけではありません。
厨房の環境を良くして、よりスムーズにお料理に取り組めて、
お客様にもっといいものを出したいというのが改装の第一理由です。
少し厨房を広げます。
そのために一つ席が潰れてしまいます
お店的には売り上げに関わる事で決断は難しい事でした
ただ、今自分がやりたいお店は、スタッフも楽しく出来て、
お客様も満足できるお店。

もっともっと満足度を上げたい。
愛情持ってやっている事をもっともっと伝えたい。

泣いても笑っても自分の思いが伝わる事を失っては
自分の心は満たされない

愛情って何だろうか。
このお店で伝えたい愛情は何だろうか。

僕がこのお店で生き生きと働き、シェフが楽しそうに腕をふるい、
お客様がにぎやかに過ごす

ただそれだけ。それが愛情に由来する。

心も体も会話するお店。

僕はこの決断をして、みんなに話した時、号泣していた。
それからも何度も何度もみんなの前で泣いた。

思いが募るほどに、この思いが伝わらない部分があるならば。。。。
と思うと自然と涙が出てきた

僕のお店に涙は似合わない

でも涙が出るほどいいお店にしたい。
もっともっとしたい。

そのためには例え売り上げが下がっても、貫き続けるものが必要なんじゃないかと思った。
僕が求めるものは何なのか。

それは僕の満足度。
それが繋がってお客様の満足度となると思って生きてきたじゃないか。

そして6年。
さまざまな環境が変わり、変化してしまったものもある。

愛情は色々な部分に注がれていったのかもしれない

この改装は僕のリスタート。
新装開店です。

お客様にとっては雰囲気もあまり変わらないでしょう。
多少綺麗な棚とかは有るかもしれませんが、。

ただ、客席が減ってしまうのです
でもそれは、満足して頂ける人数を絞りたいという思いです
当然値段を上げるわけではありません

僕の夢をもう一度見てください
そしてお付き合い下さい

「改装について補足」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA