いい

もうこういう経験が何度あっただろうか。
数え切れないくらいこの感覚を味わっている。

3年以上前に一人で来ていた女性のお客様。
フラッとお二人で来てくれた。
瞬間的にわかったので、ご無沙汰していますとお声をかけた。

あちらはまさか覚えていたとは思っていなかったらしく、
驚いていた。

こうやってお店を毎日やっていると
必ず来なくなるお客様がいる、。

それには理由はあるだろう、転勤、就職、結婚、などなど。
それとこのお店が嫌になったか。

どれかは分かる時と分からない時があるが、後者が圧倒的に多い。
今回の女性は、知っていたが。
会社の部署移動で、遠くに行くと言っていたので、なかなか会えなくなることは理解していた。

でも会えた、。
4年近くたって。

僕は歳をとっただろう
お店も変わっているだろう
僕にはわからない事もあるだろう

でも僕はここにいれた事だけでも幸せだなーって思う
だって、話せたし、来てくれた事を知れた。

お店と言うものは常連さんで成り立つ。
それだけではないが、その要素が強いのが個人店。
ここに落とし穴がある。

常連さんでも別れは来る。
それはこのお店ベースでは生活はできないから、どうしても
移動や結婚など幸せか、試練かは別として存在するのが別れだ。

それにも負けない強さを身につけなきゃいけない

またそういう強い常連さんを少しでも多く来て頂く
温かいサービスとその心。

一人にではなく、出来るだけ多くの方へ届くといい。
愛情を安売りしているわけではなく、
少しでも分かってもらえたら嬉しいなと

僕がお店を出す後輩たちに言える事はその程度。
目の前のお客様を大切にすればいいんだよって。

「いい」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA