祖父と祖母

勿論今日も暇でした
でもいい事もありました

おばあちゃんから電話があった。
電気が通ったって。

でもスーパーに行っても何も売って無いって。

だから一日おじいちゃんとパン一つとか、
これからはご飯しかないけどご飯が食べれるって笑ってた

93歳とおじいちゃんと一緒。

戦争からずっと2人で過ごしてきた。

彼らは強い
大丈夫だと思う

僕はお店は暇だとは言えなかった
おじいちゃんにオープンの時に30万円もらったから言えなかった。
「おじちゃんたちのお陰でうまくいってるよ」
そう伝えた。

昔、おじいちゃんの誕生日にこう伝えた事がある。

「おじいちゃんはTAKEHIKO。僕はTAKEHIRO。
Kに横棒いれるとRで僕なんだ」
「僕はおじいちゃんがいたから僕がいるんだよ」

泣いて喜んでいた。
今は足も不自由だし、僕の事もギリギリわかる程度。
でもきょう、電話を切る時に

「俺は大丈夫だから。元気だから。タケヒロ君も頑張って」
そう言われた。

僕はあまりに自分が小さすぎて、恥ずかしい。

「祖父と祖母」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA