ビストロokei1周年

今日はビストロokeiの1周年。
去年の今日、この3階にビストロを出しました。

僕にとってこのビストロokeiは、自分との見えない戦いの始まりでした。
勿論2階のピッツェリアが出来た時は、同じように見えない戦いでした。

ただ、2店舗目の重圧はそれ以上だと言う事を去年知ったのです。
独立した時、不安ばかりだったけど、僕も家もなく、この店に住んでいたし、
従業員も中田君だけだった。

正直「一人分の人件費なら何とかなるだろう」と思っていた。

事実、そうだった。

それから時はたち、今こうして7名で働くokei。
その中には家族や子供を抱えている者もいる。
スタッフの人生を抱えている。
その責任と言えば、本当の無限の重圧。

そして、オープンの時はなかったもの。
お客様の人生を抱えていると思っている。
久しぶりに来てくれる方。あると思ってきたらなかったら・・・
と思うと続けなきゃと思う。

定期的に来てくれる方。彼らの日常や生活にokeiが組み込まれている以上、
それを奪う権利はない。
と思うと続けなきゃと思う。

ビストロokeiを出すことはそういうことだった。

ただ、その中にも沢山のスタッフと働けるということは特別な事。
1店舗では出会えなかったスタッフがここには沢山いる。
それが僕の人生を豊かにしてくれている。

この1年で、すごく色んな事を学んだ気がする。
そんなにうまく全ては行かない事。
愛情を沢山の方へ注いでいくことと、それが伝わること。
それがとても難しいという事。

でも1年過ごせた事が僕の人生を豊かにした。

ここにいるスタッフの心にもたくさん残った何かがあるだろう。

いつかそのどれかの記憶が誰かのためになるといいと思う。

ビストロokeiは、僕にとって沢山の挑戦です。

それを具現化して行ってくれている石丸は本当に力強い男です。
シェフと言うものを体現出来ている事は素晴らしいなーと思う

僕には本当に頼りがいのある人間。

アイアイは途中からビストロにいてくれます
彼女はもうビストロに限らずokeiそのもの。
彼女なくしてはokeiは語れません。

大河内は1年間、色んな事もありながら
精一杯頑張ってくれています。
愛情を持ったサービスと言うか、生まれながらにして
もったそのパフォーマンス力は僕も勝てません。

この3人がいるから僕の夢と希望が繋がっています。

そして2階ピッツェリアでも同時期から試練が始まっています
中田と言う大きなシェフがいなくなる事で、沢山の事がありましたが
今、こうしてまた違うステージでお客様にサービスを提供できています

戸羽シェフは、本当にまじめでまっすぐに料理に向かい、
中田と言う大きなシェフの後でも、こうしてokeiを守ってくれています。
僕は本当にすごい人間だなーと思います。

カマちゃん。
20歳では行った彼女は今22歳。
本当に人間的に愛されるその笑顔。
もう誰にも勝てないその愛情は僕らを癒すだけじゃなく、
お客様を癒してくれています

菅さん。
一番年齢も経験も上なのにちゃんと自分のポジションと言うか
僕が求める仕事を考えてしてくれています

僕にはこんなに仲間がいるんです。
この1年、大変だったけど、この仲間がいるだけで生きていけます。

僕の人生、okeiに注いでいける。その確信が出来た1年。

だってもう逃げられないんだから。

「ビストロokei1周年」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA