人生

いつもokeiでは賄いを16時半に食べる。その時にご予約の確認などをすると同時に
僕からの伝達やお話しをする。
それはそんなに考えていたことばかりではなく、その時に話したい事を話す。

最近はやはりお店のオープンが続いているので
その気持ちやこれからの事、その時のハート。
そんなインサイトを話す。

昨日、早稲田の斉藤君が、仲間の話しをしていました

それと全く一緒。

吉田拓郎も行っていた・・・

〜人生を語らず〜
今はまだまだ人生を語らず
目の前にもまだ道はなし
超えるものはすべて手探りの中

見知らぬ旅人に 夢よ多かれ
越えていけそこを
越えていけそれを
今はまだ人生を人生を語らず
〜〜〜〜〜

僕らはまだまだ未熟。
今なお未熟。

目の前にも後ろにも必死に支えて食える仲間ばかり。
でもまるで自分だけで生きているように思う時期もある。
でも、それを越えて行く最中に、誰かが支えてくれる事に気づいたら
どれだけ自分が強くなれるだろうか、優しくなれるだろうか。

わからないし、出来ない。
そんなんだから、まだ人生を語らず、目の前のものをとにかく越えて、
人生を知った風な顔しないで・・・。

その中で必ずまっすぐに生きて行けば、仲間がいる。
曲がって自分がイマイチになったとしても仲間がいて助けてくれる。

それが人生だと思っている。

うまくいくことはすくないからうまく行くと感動する。
悔し涙や色んな涙を流すから笑える。

僕が今の仕事に就いた事、それは間違いではないと思う。
でも最良の策だったかなんて死ぬまでわからない。
でも分からなくていいと思う。
少なくても、5年間で3人の独立者と、その他の夢追い人が巣立っていった。
料理研究家を目指すもの、新たにお肉屋として頑張っている者、イタリアへ旅立ち、ピッツァを修行し、
日本で悪戦苦闘している者。
それぞれ、夢がある。
それだけでも多くの意味があった独立だった。
カズも最初はお兄ちゃんに勝てなかった。
でも目の前にお手本がいたから兄を越える事が出来た。
僕が踏み台となり、okeiなんかよりももっともっと居心地のよいハートのあるお店が無数に出来ればいい。
僕のお店以下のお店はあり得ないんだから。

それが僕の人生だと思う。

「人生」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA