向かうべき壁とそれに向かう勇気の狭間

僕がお店をやっている上でこれだけは!
と思っている事はいくつかあります。
ただ、それが出来ていない事もたくさんあります。
人が増えたり、時間がなかったり・・・
色んな言い訳はあるのですが、どうしても出来ない事もあります。

でも、最終的にやっぱりスタッフなんです
スタッフが楽しいかなとか、考えてしまうんです

それが今の自分の原点だし。

勿論それが邪魔する事もあるんですが・・・。

無償の愛情というものがどこへ向かうか。
それがこれからのokeiの指針になると言うか

涙を流してもそれがあれば生きていけると言うか

僕の道には仲間しかいないから。

神大がいなければ、僕は生きてもいなかっただろう
協同が無ければ、成長できなかっただろう
サザンが無ければ、楽しみを見出せなかっただろう
カズがいなければ、人間としてのこころが理解できなかっただろう
okeiのスタッフがいなければ、楽しいってことを共有することの意味を理解できなかっただろう

それ以外も沢山ある

感謝と言うか敬いに近い、神々しく見えてしまうほどの
憧れと言うか、僕がどんな状態でも助けてくれた人たちや
今の僕を支えてくれている人に今を見せて行かないといけないという責任感。

今の自分が不完全でお店が見えている以上に良くない状態を
僕はこれからどう最高の状態へ向かっていけるのか。

それにかかっている。

「向かうべき壁とそれに向かう勇気の狭間」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA