hennka

先日、父からメールが来て、お店の調子はどうですか?と尋ねられたので、

こんなメールをした・・・。

父へ

まー僕のお店の方は、調子がよくありません。

暇な日も多く出てきました。

勿論、社会的には色々とあると思うので、耐え時という考え方もできるけど

魅力も減っているんだと思います

暑さというよりは、そもそもの話というところでしょうか?

今年頑張って盛り返そうと思っています

息子より

そうしたら今日、こんなメールが返ってきていた。

雄へ

夏枯れどきではあるが、君は一つの壁を感じているようだ。

確かに今までの友達とその友達がお客になっていたことから、君の年齢が高くなるにつれて客層も変わってきていると思う。それにどう対応するかは君の腕というか、感性というか、直観だと思う。

カッコよく言えば、新しいコンセプトを作りだして経営を続けることだ。そこには必ずリスクがある。そのリスクをどう解決するか、失敗した時の回復策をどう備えるかを、考え出さなければならない。向う意気と頑張りだけではいけない、常にリスクを意識しその備えをしておく必要がある。しかし、一番大切なことは、リスクをとって仕事をしなければ、得るものは少ないということだ。

まだ暑い日が続くから、従業員に長めの夏休みを与えて、少しゆっくり考えたらどうだろう。健闘を祈る。

父より

何とも的を得ているというか、すーと心にしみるメールだった。

僕は大きなチャンスを捨てて、サラリーマンを辞めた。

リスクしかないとまで言われた飲食へ入った。

確かにそうだった。

リスクを負って独立した。

そして得たものは計り知れない。

失ったものは帰ってきた。

僕にはそのリスクが足りなかったんだと思う。

今は、そのリスクが足りなかったなと。

少し変化していく事は間違いではないんだと。

そう思った。

「hennka」への 1 件のコメント

  1. ご無沙汰してます!
    近頃は全然伺えなくて…okeiのピザが恋しいです。

    お店はそれなりに変化が避けられないと思うので、
    良い意味で少しづつ変わっていって欲しいです。
    また近々お邪魔しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA