誰のものか

お店としての行く末を自分としても考える。
僕の目標とかも考える

なにをしていきたいか。

そう考えると、そんなに大きなことは思いつかない。
思いつくのは続けたいってこと。

そして自分が常にお店にいたいなーってこと。

今、35歳になる年。
10周年は40歳になる年。

その頃、今のようにいれるのかどうかわからない。

躍動している中心スタッフがいれば身を引くべきなのか。

今を生きる事を主に考えている。
だからとにかくここにいたい。
オーナーづらしてお店に出ないなんてあり得ない。
だったらサラリーマンをしてたら良かったしね

だからこそ、少しだけ先を見る。

僕の居場所はどこにあるかなーと。

でもここしかないんだなーと。

もし、このお店じゃないなら、ほど近くに小さくて一人でやるお店でもやって
僕だけがやるお店を出そうかな。

また雄啓のお店を出そうかな。

でも、あんまり規模の大きなお店にしたくない
だから出店もこれ以上したくない

4年、5年はこのままいけたらいいな。

そのために、今良いサービスと美味しい料理を。
嫌なこともある。
スタッフとも話さなきゃいけない事もある

でも、それがみんなの幸せのためだと思ってやろう

お店って、個人のものじゃないから。
出した瞬間から、僕とスタッフとお客様とこの地域のものだから。

責任が僕らにはあるのだ

「誰のものか」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA