人生語るほどじゃないケ尾d

今、ドイツ対アルゼンチンの後半21分。
ドイツが勝っています。

思えば、僕の父は幼年期、かなりドイツに出張に行っていました。
そしていつも、サッカーのユニフォームを買ってきてくれました。

思えば、すごい貴重なユニフォームを買ってきてくれていたなーって思う。
あの頃の僕は意味がわからず、適当に使っていた・・。

でも今思うと全部すごい高いものだった・・・。反省です。

親と言うものは子どもなんかに伝わらなくても
愛情があふれていてそれを常に提供してくれているものなのだと今気付く。

親と言うものの存在を疑った時期もあったが、
今思えば親も人間。
ミスもある

そのミスを認め、支えある事しかいきていく術はない。

僕らにはそんな人生しかないというか、そんな人生を送る義務がある。

何となくそんな気がした

「人生語るほどじゃないケ尾d」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA