いいオーナーに向けて

こないだ、前に働いていたメッシが来てくれた。

こうして前に働いていたスタッフが来てくれる事は本当にうれしい事です。

歴史を感じていける事、それが自分が作った歴史である事。
それが何よりもうれしい。

人に歴史あり、誰の歴史よりも、自分の歴史をたどれる事は誇らしい事だから。

ただ、意味深い話もあった。
僕がオーナーになってしまったと言われた。

要するに、がっつりやっているというよりは、見まわしている感じと受け取られたんだと思う。

その日は土曜日で、上下のお店を行ったり来たりできて、ご挨拶をしっかりできていたからだと思う。
良かれと思って余裕がある時はそうしているのだが、ずっと一緒にいた人にとっては
わさわさしていない僕を見るのが抵抗があるんだと思う。
それは初耳だったからビックリした。

でもそりゃそうだなーと。
実際、2階3階になって、僕の力は分散しているから、動き回っても
ずっといるわけじゃないから。

でも、お店にはたくさんのスタッフいてくれる。
僕だけじゃなく、もうみんなに会いに来る人もたくさんいる。

だから、あのころとは違うんだなーって。
ネガティブな意味じゃないです

前向きな意味で、変化があるんだなーと。
僕だけの店でなくなって良かったなーと。

okeiも動いているんだなーと思う今日この頃です。

その中で自分が立ち回れればいいお店になる。

これからもっといいオーナーになります

「いいオーナーに向けて」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA