手にいれた何か

友情。
愛情。
んー何なんだろうか、中田と僕は。

大学入学したての僕は日記にこう記した。

僕は彼らを永友と呼び、一生友達として尊敬し、英雄としてあこがれていくことを誓う。

これは今でも一番の仲間たちへ送った言葉。

今、公私全てにおいて永友と言える中田と出会った。

お互い何があってもお互いを敬い、助け合う。
それが誓われている感じか。

何とも言えないこのハートが繋がっている感じ。

何なのだろうか。
全く分からない。

それは人生を決める今の時期を苦しみながら楽しみながら
過ごした仲間だからだろう。

僕が生きていく中で何かを手にいれたとしたら
彼がその中に入るだろう、真っ先に

「手にいれた何か」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA