無償

少しずつ3階のお店も認知されてきたのかもしれない。
助走期間が終わりに近付いている感じ。

これから、僕らはまた新しいスタートになるだろう。
メニューも日々変化している。

アルバイトも成長してきた。
これからお客様扱いをしていた我々も
彼らへの対応が変わっていく。

ココで過ごした事を大きな人生の事実としてもらうために。

僕はこのお店を出すことが夢だった。
今はその夢を続けているところ。

その中には沢山の出来事があった。
出来事と言うには余りに多すぎるが・・・。

その間から今まで自分はどうやって成長してきたのか。
なぜ成長できなかったのか・・・。

その僕の下で働く者たちへ
成長もできてない僕ができることは何なのか。

ステージを用意すること。
それしかない。

愛する事、みんなが愛してくれるこのokeiを愛すること。

そして彼らを無償の愛情で包む事。

僕がこれから輝く事があるならば
それをしている、それを続ける事だろう。

愛し続ける事。
それが無償である事。

それを今日、再認識した。

わかるかな、この気持ち。
届いているかな、この気持ちが。

「無償」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA