愛情

今日から少し違う体制でオケイは運営されている。

3階のシェフ石丸に子供が生まれそうなのだ。

だから、少し彼をフリーにして、出産に立ち会わせようとしている。
だから今だけ中田君が上にいてフォローしている。

思えばサラリーマンの時も、飲食に入っても
みんな仕事してた、そういうときも。

本当は帰りたかっただろう。
でも言える状況など皆無だった。

だから僕はなるべくしたい。
状況により、できないこともあるだろう
でもそれの努力はしたい。
それを見せないとオケイはオケイでなくなってしまう

僕には奥さんも子供もいない。
わからない。

でもでも、冠婚葬祭、その他各自の中でプライオリティが高いものであれば
例え僕にはわからなくても、それを優先できる体制は作りたい。

そこに絶対的な愛情を持って接していきたい。

その心と心の安心感や包容力みたいなものを大切にしたい。

それを失ってしまいたくない。

少しそれが欠如していく時が来るのなら
死んでも直す。

それが戻るまで。
それが本当の愛情だと思う

「愛情」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA