たわ言

今日、先輩が来て、泥酔しながら、こう言った。

「この店はだめだ、こんな店にもうこないし、誰が来るんだ」
と。

泥酔しているとはいえ、気になった。

僕から愛情が伝わってこないという。
来てほしいという気持ちが伝わってこないという。

と言いながら、ほめたり、酔っ払いのたわ言なのかもしれないが、
どうしても気になってしまう。

確かに多くのお客様が来てくれている。
そして3階にお店を出店する。

注意は散漫かもしれない。

知り合いが来ても3階にいてバタバタしている3日間だった。

なんか、よく当たる占い師にあたった感じ。

これからいろんなことを任せていかなければならない。
それができる仲間だと思っている。

でも不安も多い、自分でないからわからないから。

不安と恐怖と少しの光を心に保ちながら
この1カ月以上を過ごすだろう。

潰れるか発展するか。

それは過去と今にかかっている。

「たわ言」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA