デザイナー

昨日、店舗デザイナーにいま進んでいたデザインを一掃し、
最初から考えていくようにメールした。

僕がどうしても気になる点があり、そのままにしてしまってきたのだが、
デザイン案が出てきた時点でどうしても腑に落ちなく・・・。

本当に失礼なことをしたなーと思う。
この1ヶ月間、考えてくれたことを無駄にしてしまったのだから。

かんたんに言うと、3階に厨房は作らず、2階に集約する案だったのを
3階で料理をしないことがつまらないなーと感じてしまい、
まっさらにしたのだ。

自分が広告代理店の時、よくこんなことをクライアントから連絡があり、
残念に思ったことを思い出す・・。

さぞかし、嫌な気持ちだろうなーと思い、朝メールを開いたらびっくりした。
彼から来たメールが下記。

片寄様

お世話になります。

図面は進めていましたが、僕もやはり臨場感という面ですこしさびしい気がしていました。

僕も同感です、別のお店作るくらいでも面白いと思います。

今日レイアウトして明日お持ちしたいと思います。

宜しくお願いいたします。

彼もまた同じ気持ちだったと・・・。
試行錯誤してきて最後に決断をしたのは僕。
最終的にジャッジするのは僕なので彼はそれを信じデザインをしていた。
でも、デザインを進めていく中でどうしても腑に落ちなかったという。

このお店の特性や僕の性格をよく理解してくれているし
今までの労力には触れない懐の深さ。

感服した。

自分のやってきたプロセスや功績は二の次に今やるべきこと、
今求められること、そしてその結果がよいであろう方向へ・・・。

僕は良いパートナーに出会えたと思う

まだ未知の3階。

でも明るい未知な気がした

「デザイナー」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA