また涙

今日、仲間と先輩など知人と、仲の良いお客様などにokeiリニューアルのお知らせを
取り急ぎメールでご報告した。

そしたら、即座に100件以上のお祝いメールを頂き、感激してしまった。
正直、この拡張には懸念事項がいくつもあった。

だいたいにして調子こいていると思われるのでは?と。
そして、拡大することで失うものもあるかと。
アットホームな感じが失われるとか、よくありがちな「昔のほうがよかった」的な意見が出るであろうということ・・・。

僕にとって拡大や多店舗展開は夢ではなかった。
小さなお店を一生やっていければそれでよかった。
オープンしてこの気持ちは一度もぶれていない。
ただ、変わったのは抱えるものが日に日に増えていったこと。

スタッフ、お客様ももちろんのこと、ここで過ごした時間や思い出。

それらはやめたスタッフにとっても大切なものであり、okeiはokeiで有り続ける義務があるという世界。

その増えていく幸せという名の責任。

スタッフがよりよい環境で働いていくために、待遇が良くなるために、
お客様がそれぞれのニーズで使えるお店であるために・・・。

沢山の要望が生まれた。

自分の所得なんて増えることは考えていない
でも従業員の所得は増やしたい。
そして学べる環境と教える環境、働く環境と、楽しい空間。
すべてが自分のハートと一緒。
それを少しでも具現化したかった。

その中で3階が空き、悩んだ。
ただ、自分の夢をかなえてくれた仲間や支えてくれたお客様に対して
感謝を示し、形にするチャンスだと思った。

だから決心した。

でももっと反感があると思った。
飲食店とはそういうもの。覚悟していた。
okeiも雄啓も変わったねと。

でも答えは違った。

信じているというメール。

そして自分のことのように嬉しいと言ってくれるメール。

広がることを本当に喜んでくれていた。

少し涙してしまった。

自分がしてきたことが形になり、育ってきているのは実感している。
反面、okeiがもう雄啓ではなく、独り立ちしてしまった寂しさを覚えていた。
これはもしかしたら、僕をずっとずっと支えてくれている神大の友人も同じく思っていたのではないか>?

彼らの寂しさも同時に感じていたので余計にそう感じていることもあった。
でも、そうではなかった気がした。

不特定多数の方が来てくれるようになっても心も笑顔も同じ。
そんな感じがした。

お料理やサービスという形で示してきたことがハートとなって笑顔となって
みんなのどこかに伝わっていたのだとしたら幸せすぎる。

僕の第2章は今日始まった。

野心は一つもない。
心だけ。

この改装リニューアルはぼくの心。

「また涙」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA