ある

昨日、以前の日記を読み返していた。

家には過去の日記が書籍化されており、2冊ある。

それをなんとなくふとんに横たわりながら数ページ読み返していた。

読み返せる過去。
読み返したい過去があるということは不思議な感じだった。

今までは写真だったり記憶だったり・・・。
その時の感情を今の感情と交差しながら思い返す感じだった。

日記だとその時の感情をその時感じたままの文章で
今の感情の自分が読む。

冷静に感じながらも
今がそのころからどの程度成長しているかを判断することもできる。

今、自分に納得していない。
もっともっとたくさんのことができていなくてはならない。

スキルもしかり、経営もしかり。

ただ、昔の自分の言葉を見ていると
悩みより満足が多いことがわかる。

だから少し安心した。

今、そこに満足してたら終わってしまうから。

今は抱えているものが大きい。

中田君、石丸には家族がいるし、石丸にはもうすぐ子供ができる。
女の子二人だっていつどうなるか分からない。

そして予約帳には常にお客様の名前が並んでいる。

一人でもここに来たいと思う人がいる限り、
スタッフを大切にしなければならないし、
お客様を笑顔にしなくてはならない。

僕がここにいることだけで幸せになる人もいるだろう。
ここのピッツァを食べたくて来る人もいる。

自分が生きている証がここにあるから
自分が生きている。

昔の日記が示している僕の軌跡は
覚悟の証。

僕は守るべきものがある。

「ある」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA