文句なし

人とのつながりを感じることが多い。
それはたくさんのヒトから沢山のことを与えてもらっているから。

感じるってことはたいせつなこと。

同じことを繰り返しても何も感じない時もある。

経験が人を大きくするが、
その経験を無駄にしてしまう時もある。

それを感じることができなかった場合だ。

面白いものでそこにつながり、人とのかかわりあいがあると違ってくる。

自分一人ではなく、その人との思い出やその人にも経験になっているため、
それを感じやすくなる。

それが合わさっていくとまた違う人とかかわったりする・・・。

そうしてできた仲間はとても強固と温かいものとなる。

お店をやっていて、スタッフと一緒にいて、お客様と話して・・・
それだけでその感覚は養われていくような気がする。

そしてそれを自分なりに表現したり、形にしたりすることが出来るときが一番幸せかもしれない。

心が寂しくなっても温かい温度が感じる場所があること、これは幸せなことだ。

広告代理店時代に先輩に言われました。

「飲食店をやると最初はいいけど、
サラリーマンのように世界が広くないよ。
小さな空間に毎日同じ風景にいることが辛くなるんじゃないかな?
とくに片寄はのびのび営業が向いてるんだと思うけど」

その時はそんな気もよぎったが振り切った。
ほかの会社からの引き抜きも断り、この業界に入った。
その選択があっていたかどうかなんて死ぬときまでわからないだろう。

でも今言えることは、僕は今幸せ。

それでいいんだと思う

だってこれを書いている、今でさえ、知っている顔が笑顔で飲み、
スタッフは新たなメニューを考え、僕は好きな音楽を聴きながらブログを書いている。

これが茅ケ崎の波打ち際のカフェなら天国だ。

そうじゃないことくらいかな、文句を言うなら。

だからないってこと。

「文句なし」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA