称賛されるべきこと

昨日は障害のある方々やお婆ちゃんおじいちゃんたちがいる施設に行く機会があった。

多分物心ついてから始めてああいう場所に行ってすごく勉強になった。

口では介護とか福祉に対して考えたり、知識があるような気がしていたが
現実はそうではないように思えた。

お金がかかるのももちろんだが、そんなことよりも体力や気力がないと続かないものだなーと思った。

ただ、最終的に思ったのは介護されている方々も僕たちと同じように生きているってこと。
なにも変わらず、今も笑ったり泣いたり、楽しそうにお話してくれるってこと。

いつ何時僕らがそういう立場になるかわからない。

僕の周りにはそういうことがなかっただけで。

僕の仲間にも週に何度もお婆ちゃんの施設に顔を出したり
一緒にどこかに連れて行ってあげたり、電話がかかってきたら飛んでいってあげる優しい子がいる。

最近おばあちゃんが家に帰ってきて、また違った意味でお世話というか手助けをしているようだ。

でも彼女は全くそれをいやだとも苦労だとも思っていないようだ。
当然というか必然というか、自分は主婦だし、大好きなお婆ちゃんだからといって笑顔で過ごしている。

それができている彼女がいるから家族があるんだと思う。

僕なんかがお店を出して周りからほめていただいたり応援して頂くことが多いが
人間としては彼女のように目立たなくても気づかれなくても誰かを大切にしている人が称賛されるべき。

自分が恥ずかしくった。

だから自分に嘘はつかず、できないことはできない。
でもできるだけのことはしようと思う。

まだまだできることがあるはず。

自分の人生を見直そうと思う

「称賛されるべきこと」への 2 件のコメント

  1. 私の事かな…?なんて思いながらのコメントです。
    何だか立派に書いてもらって、ありがとう。
    賞賛なんて…
    祖母の前でも喜怒哀楽ありながら、ですよ。
    嬉しい事、楽しい事ばかりではないけれど、
    自分が大切に思う人の近くに居る事は、
    結果 自分が癒されているような気がします。
    ブログを読んで、
    今日からまた『できること』を探せそう…
    気づかせてくれてありがとう。

  2. いつも応援して頂きありがとうございます。
    いつもお話を聞くたびに刺激になっていたのでやっと体感できた感じでした。
    頭が下がると言ってはおばあちゃんに失礼だと思うのですが、自然に出来ているのは
    すごいことだと思います。
    それは与えられた環境で自分が「すべきこと」をみつけて
    「楽しんで」それができるかできないかだと思います。
    それができていることが僕やそれ以外の誰かに対しても
    幸せや感動を分けてくれていることは間違いなく
    僕はそれで一つ大人になれました。
    これから僕も父や母を見守る立場になります。
    また教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA