君みたいな営業

今日は以前働いていた代理店のクリエイティブの方々が
部の歓迎かに使ってくれた。

辞めてから5年くらいたっているにもかかわらず
こうして関係が続き、先輩方から後輩を紹介され、
後輩は頭を僕に下げるという不思議な構図。ぼくなんて先輩じゃないのに。

でもそういう体育会系なところは好き。
それで僕も育ってきたし、苦しくても絶対的な仲間がいたから。

その会の中には久々の方もいて少しお話ができた。

「ご無沙汰です」
「おう」

そんな会話から始まり、昔話が続く。

ある方から
「君のことは好きだったよ。君みたいな営業はすきだった」

嬉しかった。

当時、そんなに認めれているとは思っていなかった。
もちろんみとめてくれている人もいたけど
そうでない人だと思っていた、その人は。

だから余計嬉しかった。

生きていればいいことがある。
悪いこともある。
やなことだけじゃない。

嫌なことだけと考えるんじゃなくて
嫌なことぐらいあるさって考えていければいいなー。

だって、こうして現実には嬉しいことが山住なんだから。

「君みたいな営業」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA