母の日

昨日は母の日。
前にも述べたように、僕の家族は激しく変わっており、自分の親になったことのある人は延べ5人。
そりゃ、名前も変わりそうになったり、新しい親とうまくいかず、ぐちゃぐちゃのとき・・・。
色々とにかくありました。

そんなこともあり、母親は2人いるわけで。
姉といっしょに毎年プレゼントを贈っている。
今年は実母には化粧品、義母にはサクランボのちょっと高いやつを送った。
実母には、多くはメッセージは送らず、ただただ
「まー、とにかく長生きしてください」
と伝えた。
色々あり、彼女との確執もあったが、今となれば、親子は間違いない。
大人になり支えていかなきゃいけない自覚も出ましたから。

そして義母にはこんな事を書いた。
「まー、僕たち家族もこの数十年で変貌していますが、今が一番いいのではないかと思います。それはほかならぬ、町子さん(義母)と誠一さん(姉夫)が良い方だったからだと思います。
そうでなければ、僕らから贈り物をするということもなかったでしょうから、それが何よりの証拠かと。恵子さん(実母)も含め、いい家族に恵まれているということでたくさんの親がいることも悪くないようです。
いつもありがとうございます
息子より」

とにかく、義母には本当にありがとうという気持ちが強い。
父を救ってくれたと思う。
今楽しそうにしている父を見ていると本当に今が一番いいのだと。

こうしてこれから僕が支えていかなきゃいけない親が多いというのは悪くない。
僕がたくさんの方々に支えられ、育ち、成長しているから。

そしてそんな素直な気持ちをこうして思えるのも、
このお店が存在し、お客様がいること。
そしてスタッフがいること。

そのすべてで僕が素直に思えるんだと思います。

夢をかなえた自分が今ここにいることも
義母がいるようにあの頃からあるのかもしれません。

たとえ血がつながっていようが、いまいが・・・
それは大きなことではないということでしょう。

ただ、血が同じことは絶対的なことであることもしかり。
だから、そうである母とそうでない母がいることは悪いことではないのです。

周りに親を大切にしている方々を見ていると
またそういう思いが強くなっています。

今しかできない感謝だったり、恩返し。
それは、もちろん目の前の親に対してかもしれません。

でも、それをみた誰かの親もそれで幸せになるとしたらどうでしょう。
この母の日や父の日で日本中の親が幸せになる日も来るのではないでしょうか?

そうすれば、沢山の幸せがこの国にも降ってくるんじゃないかな?

自分の目の前の人を幸せにすることが
誰かも幸せにするってことだと思います。

小さなことから始めようと思います

「母の日」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA