名刺

今日、名刺を頂いた。

その名刺の裏にはこう書いてあった。

「子供たちに誇れる仕事を」

ぐっと来てしまった。

その会社ではそのスローガンを名刺の裏に全員が入れているそう。

僕が飲食に入って最初に感じたこと。
その一つ、それは・・・。

僕は親の勤務先は知っている。
でも実際の仕事現場を見たこともなければ、興味もなかったかもしれない。
一緒にもなかなか住めなかったから結局感じることすらできなかった。

自分が社会人になってもそのジレンマはあった。
家族、好きな人からみても自分が具体的にどんな仕事をしているかなんて
なかなか見せることができないからだ。

でも飲食は違った。

友人などとにかく自分がやっていることがすべてわかるというか。

僕はこれで食べている。
これで生活しているんだってずっと表現しているような・・・。

生きているっていうことをずっと表現してる感じがしています。

だからこの「子供に誇れる・・・」って言葉がぐっときました。

小さい範囲でいえば、家族や周りの仲間に誇れる仕事をしていこうと思っています。

大きくいえば、僕を見て、誰かが力が出るような生き方ができたら、
誰かの踏み台になれたらなって本当に幸せだと思っています。

苦しくても悲しくてもその自分が一番かっこいいと。
だから、そうなりたいなと。

今日の名刺はそれを、んーと確信というか「間違ってないんだ」って勇気をくれました。

僕はまだ会社の名刺を作っていない。
僕の会社の名刺の裏には、同じような気持ちの言葉が入ることになるだろう

「名刺」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA