僕の言葉

3周年を記念し、お名刺を頂いている方々などにはがきを送る準備をしているのですが、
はがきのコメントにいつも悩む。

今回のコメントはいろいろと悩み倒してしまった・・。

ということで、採用しなかったけど、言いたかったこと。
それを数回に分けて書いておこうと思う。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

僕が涙もろくなって早3年が経とうとしています。

サラリーマンを辞める時、たくさんの方に送り出してもらった。
修業時代、同じく叱咤激励を頂き、すごした。

オープン時、沢山の方からのお祝いの言葉を頂いた。
融資もして頂いた。

オープンしてから、苦しくても楽しそうなお客様を見れば
元気になった。

ずっと温かな気持ちに囲まれて3年が経った。

僕はその温かさで人の温かさに敏感になった。

それはそれはさまざまな方法で人は優しさをくれる。

わかりやすい形、到底人には伝わらない形。

どれも心地よい空気を運んでくれる。
そしてそれらは僕を包みこむ。

包み込まれた僕は自由に誰かに温かな空気を送ることができる。

だから、僕は温かな気持ちを感じると涙を流す。

キューと胸が締め付けられ、涙が出てくる。

いつも誰かに温かくしてもらっているから。

苦しくてもその涙が僕を温かくしてくれている。

僕が生きていけるのは温かな気持ちをくれた皆様のおかげです。

その気持ちをすべて注げるお店があるのも仲間たちとお客様のお陰です。

これからその気持ちを少しずつ返していきたい。

それが僕の人生になるだろうから。

「僕の言葉」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA