サザンとカズと僕

昨日、サザンのライブ最終日に行ってきました
曲は一日目のほぼ同じでしたが、本当に素晴らしいライブでした。

一日目とは桑田さんの気持ちも違ったようで
メンバー全体のやる気がどどどっと僕らに押し寄せてきていました。

やはり、彼らにとっても休業前の最終日。
思い入れもあったでしょう。

最終日ということもあり、サザンへのサプライズ人文字もあり、
愛にあふれた一日でした。

僕にとってはカズがオープニングゲストで登場したことが
本当にうれしかった。

自分が崇拝するカズとサザンが同じステージにいる姿を見れただけでも
人生最大の出来事でした。

全てが思い出に残る一日でしたが、桑田さんの一言が一番心にしみました
「僕らも最初は一曲、一枚しかありませんでした」

原さんもなきながら話してくれました
「30年間、この夢のような舞台にいれるとは思っていませんでした」

30年間、表舞台でどうしようもないほどの重圧の中で過ごしてきたのだろう。
それから解放される脱力感とさみしさで心の中は入り乱れていることだろう。

でも30年間そこにいたのだ。

想像してみよう。
30年間、プライベートもなく、ただただ期待されてそれに応えなきゃつぶされている生活を。

何をしても賛否両論。
普通はつぶれていくだろう。

だから30年間、あのポジションにいるのはサザンしかいなかったんだと思う。

僕はサザンというカ桑田さんと同じステージではない。
もっと数億倍低いレベルではある。

でも、気持ちはわからないでもない。

ある時から自分が何か中心でやることが大きくなっていった。
それはただ単に「遊んでいる」だけなのだが、
「遊び」も大人数になると「遊び」ではなくなる。

大人数を楽しい遊びの輪にするということは
並大抵の準備では難しいことなのだ。

でも誰かがやらないとその遊びはなくなってしまう。
その中心にいる自分。

一年のうち、ほとんどをそれに費やしている自分がいた。

それは幸せでもあったから。
楽しくてやっていたから。

それが続きすぎて疲れている自分もいたりして・・・。

サザン30周年休業で悲しかったけどほっとした。
サザンがなければだいぶ楽になると・・・。

そこで僕も休業だなと。
サザンと一緒にそういうイベント事をとにかく休業して
充電しようと。

またフレッシュな状態でやれる時まで。

そして桑田さんの言葉を胸に
一つ一つ苦しくても乗り越えて、何かをつかみたいと思う。

それが続けられることが
サザン同様30年生きていける術かもしれないから。

そうすれば30年も夢じゃないかもしれないから。

「サザンとカズと僕」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA