これでいいのだ

「僕はあなたの作品の一つです」

これはタモリが赤塚さんの葬儀で最後に述べた言葉。

それまでの文面も含め、この言葉がずしんと来た。

あのタモリの言葉を聞いて、自分がどんなに浅はかで軽い、どうしようもない男だと感じた。

自分が誰かが作った何かなんて大勢の前で発言できるだろうか。

影響を受けた人はたくさんいる。
目標にしたい人もいる。

でも自分が誰かの作品であるという発言はできない。
そこまでの敬愛がないのかもしれない・・・。

自分ではあると思っていたのだが、
タモリの発言を聞いていたら
その自信はなくなった。

誰かの作品であるとしたら
その誰かが恥じないように生きなきゃいけない。

決してその思想を曲げず、正しい道を歩かなきゃいけない。

「これでいいのだ!」

そういって前に向いて歩いて行くのだろうか?

僕は誰の作品なんだろう?

まだわかんない・

でも
お客様の作品になれたらいいな、将来。

そのお客様に恥じぬように生きていけそうです。

これでいいのかな?

「これでいいのだ」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA