人とのつながりというものは巨大なものというか
些細なことだったのにいつしか。。。
自分にとってかけがえのないものになっていっている。
それが気づいた時にはもう取り返しのつかない状態というか・・・・

決して悪い意味ではない。
むしろ最上級の意味。

後には引けないというかかかわりあった以上、その人たちすべてのために生きたいとすら思う。

今日、いろんな知り合いがたまたま重なってきてくれたのだが、
僕にとって大きな起点だった先輩も来てくれた。

毎年この時期にクライアントさんと大人数で来てくれる。
毎年同じことをここに書いているがまた書きます。

彼がしている営業というのが僕の見た中で素晴らしい物の中のまた一番だと思う。

家族のようで仕事はびっちりこなし、クライアントとそれに伴うすべての人が彼のおかげだという・・・。

本当にすごすぎる。
それに僕は泣いてしまうのだ。

自分が営業だったこともあり、それがいかに大変で異次元で
そしてそうなったときの感動がわかるから泣いてしまう。

今こう考えるだけでも、たまに思うだけでも泣いてしまうのだ。

それほどあの異次元の営業は素晴らしいと思う。

そして、他にも泣かせる来店者がいた。

あまり多くは書けないが、僕のために動いてくれて、僕のために用意してくれたものを
わざわざ12時近くに持ってきてくれたのだ。

「いつもokeiに世話になってるから:::」
何にもしてないのに。。。。

そうやって手渡してくれたもの。
今自分が一番欲しいものだった。・。・。

かなり無理してやってくれたようで本当に感激した。

全然、仕事もしてないし、何となく5年くらいよくしてくれている方。

今度、飲みに行こうなって言ってくれた。

なんてやさしい言葉というか、同じ言葉でも心がこもったしっとりとした声だった。

僕は次なんて言って会えばいいんだろう。

人には必ず伝える力があると思っている。
その力はしっかりと各人に持ち合わせている。
でもそれを使い切らない人が多いのかなと。

僕はその伝える力を全部誓ってこう言おうと思う。

「ありがとうございます」

「涙」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA