望むこと

僕はこのお店を開いた。
そして2年7か月が経った。

ふと我に返るとこの事実はすごく大きなこと。

一人のサラリーマンだった自分が
お店を開き継続している。

苦しいことなんて・・・・なかったかもしれない。

そう思えてきた。

それは実際ないわけでもなく、日々が背水の陣ではある。
ただ、このお店があるという事実があることだけで
それらは無となっていってしまうのだ。

自分にとってこれほど大きなものはない。
何よりも大切で自分自身で、かけがえのない
唯一のもの。

それがこのお店。

同時にこのお店を一緒に立ちあげてくれた中田君。
彼も僕にとって唯一の存在。

苦しくてもつらくてもこうしてここで美味しいお料理を
作っている彼。

自分にとってこれほどまでに大切な人間がこの世にいただろうか。

そして自分をこれほどさらけ出せた男がいただろうか。

彼は僕のすべてを知っただろう。

優れているところ 劣っているところ。。。

それでもこうしてここで毎日一緒にいてくれる同志。

僕がここまで来れたのは彼のおかげだ。、

僕らは30を少し超えたところ。

でもすぐに40になってしまう。

それまでどうなっているか・・・。

彼とここで笑っていられたらそれ以上の何も望まない

「望むこと」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA