イプシロン

去年の今日。
社員だった田上君が退職し、地元徳島へ帰った。自分のお店を立ち上げるために。

あの日は仲間と彼と仲良くしてくれていたお客様をサプライズで参加してもらった
大送別会だった。

彼はあれから精力的に活動し、今イプシロンというピッツェリアを経営している。
連日満席で大賑わいだそうだ。

このお店も3年目。
色んなことがある。今もいろんな悩みが押し寄せている。
自分の能力や不器用さに苛立ちさえ感じる日々。

どこから手をつけていいかわからないほど僕の前には山積みの課題。

そんなとき、彼やその他このお店を辞めた後活躍している者の話を聞くと少し気が休まる。
自分が少なくても彼らのステップになれたこと。

それがすごく心地よい責任感を植え付けてくれる。

母体が揺れるわけにいかない。
揺れるなら揺れながら上にいかなきゃって。

上って何かなとも思う。
売上?
どうなんだろう。

自分は何のためにこれからやっていくのだろうか?
それはやり続けてわかることなのかなと。

もっと沢山いやなこと経験して悩んで苦しんで・・。
その中でしかわからないことかなと。

沢山の痛みがこのお店にはあります。
痛みが僕だけじゃなく、スタッフにもあるお店。

こう分け合ってくれる仲間に出会えたことを感謝しています。
田上君が遠くで頑張っているのも僕らには伝わり、温めてくれています。

この痛みをちゃんとスタッフに還元できるお店でありたい。

今日、すごくその気持ちが強くなりました。
今のままではいけない。

今は通過点であり、これでいい場所ではない。
スタッフを大切に考えるオーナーでありたい

イプシロンのオーナーもそうであろうから。

「イプシロン」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA